深夜の環七の陸橋をふとみると、クルマひとつなく 自分の大海原を見てるかのような錯覚を起こすのです。