« 今日のレッスン、かっこいいブックカバー レポ | トップページ | ゆきのひ。 レポ »

2012年2月14日 (火)

下ごしらえ レポ

P1010002
味のある革を仕入れてきまして
P1010005
いいかんじでしょ?
P1010006
革は布と違って生きていたので
個体がそれぞれ違いますよね
なので大きさやクオリティーもしあがりはまちまち。
実際は一枚ずつみて選んでかいます。
そしてこの写真にある数字の説明。
これは革の大きさ(面積)が書いてあるのですが
単位がデシという特殊な単位です。
これは10センチ×10センチを1デシといいまして、
面積で計っています。
この面積ッてどうはかるかと言いますと
専用の機械があって、言葉では説明しづらいのですが
革が機械の間を通ると、面積を測ってくれるという感じです。
でも、よく考えてみると、その面積ッて
ちゃんと信用出来るのかしら?ッてなると思いますが
その信用性をこのシールを見れば証明しているのです。

全日本・証明・公認ッて書いてありますよね。
簡単に言うとキチンと計ってますッて言う意味です。

面積で金額が変わりますから、大量に買う業者さんに取って
死活問題ですから、こういう制度が出来たんだと思います。

革スキ等も、スキ方のムラが無い様に
作業所に仕入れ業者さんが直接来て、マイクロメーターで
イチマイイチマイ計っていたりします。
スーツ来た人が、作業所にいるとぎょっとします。
コンマ何ミリでサイズに狂いがあると
ミシンの作業が出来たり出来なかったりしますから、
これも死活問題なんだと思います。。。

P1010008
これは蛇革。
来月のテクニカルレッスンはこの蛇と上の革を使った
タトウを作りたいと思います。
P1010009
こんな感じに

サンプル製作中ー♪

オプションで箔押しもやります。

|

« 今日のレッスン、かっこいいブックカバー レポ | トップページ | ゆきのひ。 レポ »

製本教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のレッスン、かっこいいブックカバー レポ | トップページ | ゆきのひ。 レポ »